妊活サプリ・冷え性改善の成分は?

妊活サプリ・冷え性改善の成分は?


冷え性と不妊の関係


冷え性と不妊の関係


妊活中の女性にとって、冷え性は1番の大敵です。

体が冷えると、全身の血流が滞りがちになり、

子宮や卵巣に悪影響を及ぼします。その状態が続くと、

卵子の質が低下したり、ホルモンバランスが乱れて

月経異常を引き起こしたりするリスクが高まります。

また、冷え性は妊娠した後の母体にも、

決して良い影響はもたらしません。

冷え性の女性は、そうでない女性に比べてお腹が張りやすかったり、

流産や早産のリスクが高くなったりするという報告もあります。

つまり、妊活中・妊娠中の女性にとって、

冷え性の改善はできるだけ早期に解消しておく課題の1つと言えるのです。



冷え性を改善するサプリメントの成分


冷えのサプリ成分


では、どうすれば冷え性を改善することができるのでしょう。

手軽に始められて続けやすい方法の1つが、

サプリメントの活用です。先にも述べたように、

体が冷えると血流が滞りがちになります。

つまり、血流を良くする効果のある成分を含むサプリメントを活用すれば、

冷え性を改善することは可能と言えます。

以下に、血流改善に効果のある成分をご紹介しますので、

サプリメント選びの際の参考にされてみてください。



ザクロ・ルイボス



冷えザクロ

冷えルイボス


ザクロジュースやルイボスティーでおなじみのザクロ、ルイボスには、

活性酸素を撃退する抗酸化作用があります。

血管の老化やダメージを予防・改善して、

血流を良くする働きがあるとされています。



生姜


冷え生姜


体を温める食材の代表格とも言える生姜。

生姜には、体の内部で熱を作り出す働きがあるため、

内臓から全身をポカポカに温めて、

血流を良くする効果が期待できます。



ローヤルゼリー・たんぽぽ・ビタミンE



冷えたんぽぽ


冷え性の改善には、

自律神経やホルモンバランスの調整も欠かせません。

特に、自律神経には血管を拡張させたり収縮させたりする働きがあるため、

自律神経のバランスが崩れてしまうと、

血流が悪くなって冷え性に陥ってしまう恐れがあります。

ローヤルゼリー、たんぽぽ、ビタミンEには、

自律神経やホルモンバランスの乱れを整える効果があるため、

これらの成分を含むサプリメントを摂ることで、

冷え性を改善できると考えられています。


その他にも、鉄分、アミノ酸、人参、マカ、よもぎなど、

冷え性改善に効果のある成分は色々とありますので、

自身の体質や体調に合うものをぜひ探してみて下さい。

体を内側から温めることは、妊活や不妊の改善に効果的なだけでなく、

健康の維持にとっても大切なことです。

日頃から、冷え知らずの体作りを心がけたいものですね。



妊活サプリでつわりが軽減できる?気になる妊活サプリの成分は?トップページ

FX業者