妊活中は特に無添加にこだわりたい影響は?

妊活中は特に無添加にこだわりたい影響は?


妊活中は無添加にこだわりたい


食品添加物は体に良くないもの、なるべくなら食べない方がいい、

というのは誰もが思っていることですよね。

とくに妊活中は規則正しい食生活を心掛け、

なるべく無添加なものを選びたいですね。

ただ、長期保存のため、あるいは味を良くするために

ファーストフードや冷凍食品、コンビニの食品には

ほとんど食品添加物が使われています。

また、サプリメントにも使われていることもあります。

現代の食生活において食品添加物をまったく摂取しない

というのは難しいですし、

あまり気にしすぎるのもストレスになってしまいます。

妊活中特に避けたい添加物というものがありますので、

まずはそれらを意識することから始めてみませんか?



○人工着色料や甘味料


人工着色料


色鮮やかなお菓子などに使われている人工着色料は

発がん性やアレルギーを引き起こすだけでなく、

不妊の原因にもなります。

またお醤油やソースに使用される「カラメル色素」には

ダウン症を誘発する可能性もあるとされています。

ダイエット飲料やシュガーレス製品などに使われる

人工甘味料(アステルバーム・ステビアなど)も

出来るだけ避けたい添加物です。

シュガーレスやカロリー0となっている食品は魅力的ですが、

使用されている成分をよく見て選ぶようにしたいですね。

アステルバームは砂糖の代わりとして使われることが多く、

過剰摂取すると流産の危険リスクや

胎児に悪影響を及ぼす可能性も高くなります。

ステビアは植物由来の成分ですが、

「避妊薬」としても使われていた過去があるので

妊活中は避けるようにしましょう。



○MSG(グルタミン酸ナトリウム)


コンビニ弁当


成分表示には「調味料(アミノ酸)」、

「うまみ調味料」などと表記され、

コンソメやだしの素、コンビニのおにぎりやお菓子、

インスタント食品などによく使われています。

すぐには大きな影響は出ないかもしれませんが、

食べ過ぎて蓄積されることによって蕁麻疹やアレルギー、

胎児の発育不全の原因になります。

分子が小さく、胎盤をすり抜けて赤ちゃんに

吸収されやすいことも問題視されている添加物です。

インスタントやコンビニのお弁当は忙しいときに重宝しますが、

意識して摂り過ぎないようにすることが大切ですね。




○リン酸塩



ソーセージ


ハムやソーセージ、チーズ、ヌードルなどに使用されています。

「粘着剤」、「乳化剤」、「酸味料」、「PH調整剤」

などと表示されていて、

過剰に摂取することで体内のカルシウムや鉄分、

ミネラルなどの吸収を阻害します。

カルシウム不足から高血圧になったり、

鉄を吸収できずに貧血になったりする可能性があります。

貧血は冷えにもつながり不妊の原因にもなりますから、

これらの添加物は妊活中は出来るだけ避けた方がいいですね。




○まとめ



無添加料理


妊活中はなるべく添加物は避ける方がいいのは確かですが、

口にするものをすべて無添加にとなると、

お金も手間もいくらあっても足りません。

あまりにも神経質になり過ぎて

ストレスが溜まってしまうのも不妊の原因になり、

妊活にはよくないことです。

妊活中特に避けたい添加物を知って無理せず出来るところから、

意識していきましょう。


妊活サプリでつわりが軽減できる?気になる妊活サプリの成分は?トップページ

FX業者