妊活にDHA・EPA(藻由来オメガ3オイル)が大切なのは?

妊活にDHA・EPA(藻由来オメガ3オイル)が大切なのは?


妊活にDHA・EPA


DHAやEPAは厚生労働省が摂取を推進していることもあり、

最近CMなどでもよく耳にする言葉だと思います。

これらは、「オメガ3脂肪酸」という不飽和脂肪酸の一種で、

もうひとつαリノレン酸を含めた3種類をまとめて

「オメガ3脂肪酸」といいます。

DHAはとくに、お魚に含まれ、頭が良くなるなんていう宣伝を

スーパーなどでもよく見かけますよね。

このDHAやEPA、実は妊活中にもぜひ摂取したい大切な栄養素なんです。




DHA・EPAのはたらき



DHA・EPAの働き


オメガ3脂肪酸というくらいですから、

そこに含まれるDHAやEPAも脂肪の仲間です。

脂肪は摂りすぎるとよくないのは確かですが、

血糖値をコントロールしたり、血栓を防いだり、

性ホルモンを作ったりする、妊活中大切な栄養素のひとつでもあります。

とくにDHAやEPAは、血栓を防いだり、

血管障害の予防に効果があり、これによって血流改善が期待できます。

血流が良くなることは妊活中の体にはとても大切なことなんです。

卵巣や子宮に血液がたくさん運ばれるようになれば、

卵子の老化を防ぐことや子宮環境を整えること、

また男性においては精子の劣化を防ぐことなどにつながります。

さらに、脳の発育や視力の向上にも関与しているとされています。

血流改善が期待できるだけでなく、

脳の発育にまでも関わっているとなれば、

妊活中から摂らない理由はありませんね。

また、乳児の生育や行動や視覚の発達にも効果があるとされているので、

妊活中だけでなく妊娠中も、生まれてきた子どもにもぜひ摂り続けたい成分です。




DHA・EPAが含まれる食品


DHA・EPAのふくまれる食べ物


DHA・EPAは、お魚に含まれているイメージがありますが、

魚介類であれば何を食べても摂取できるというわけではありません。

DHAやEPAの含有量は、魚の種類によって違いますので、

多く含まれている魚を選ぶようにしましょう。

DHAやEPA多く含まれる魚は、

サバ・イワシ・サンマ・カツオなどの青魚や、

マグロ、ウナギ、ハマチなどです。

ただ、調理法に工夫が必要で、煮炊きしたり、

揚げ物にしたり、焼いたりすると、DHAやEPAは外に逃げてしまいます。

熱を加えることで減少してしまうのでお刺身を食べればいいのですが、

もし妊娠していたとしたら生ものを毎日食べることは

あまりおすすめされませんし、食費もかかります。


DHA・EPAサプリ


妊活サプリの中にもDHAやEPAが摂取できるものもありますし、

DHA・EPA専用のサプリも各社から出ています。

調理法に悩まずに済み、

お魚が苦手な方でもサプリメントなら飲みやすいですね。

妊活中は血流が改善され、

子宮環境が整う効果のあるDHAやEPAを、ぜひ摂取しましょう。



妊活サプリでつわりが軽減できる?気になる妊活サプリの成分は?トップページ

FX業者