妊活中のラクトフェリン摂取でいいことは?

妊活中のラクトフェリン摂取でいいことは?


ラクトフェリン摂取で


ラクトフェリンは、ほ乳類の母乳などに含まれている

「多機能たんぱく質」のことです。

母乳以外にも、涙やだ液などの体内の分泌液、粘膜液、血液

などにも存在し、健康を維持するために大切な成分です。

ラクトフェリンは、熱や胃酸などに弱いため

加熱処理がされた市販の牛乳では摂りにくい

希少な成分でもあります。

サプリメントで補っている方も多いですね。

ラクトフェリンは母乳由来の成分であり、

粉ミルクにも配合されているので、

胎児に伝わっても悪い影響はなとされています。

妊活中から安心して摂取でき、

女性のさまざまなトラブルに効果的な成分です。




○便秘対策に


ラクトフェリン便秘対策


日頃から便秘に悩む女性は多いですよね。

便秘による心身へのストレスも妊活中の大敵です。

ラクトフェリンは腸内環境を整え、

便秘対策としておすすめの成分です。

便秘の原因は食生活やストレスなど、

さまざまですが、腸内で悪玉菌が増殖することも原因のひとつです。

ラクトフェリンは、腸の悪玉菌が生育する環境を

奪うはたらきがあり、善玉菌であるビフィズス菌が

増える環境を作り出してくれます。

このふたつの効果によって、腸内環境が整い、

便秘の改善が期待できます。

妊活中は薬の使用もなるべく避けたいものですので、

サプリメントで便秘の悩みがなくなるのは嬉しいですね。




○風邪予防にも効果あり


ラクトフェリン風邪予防


妊活中、風邪をひいたり、インフルエンザに

かかることは極力避けたいものです。

とくに妊娠の可能性があるときには市販薬は使えません。

インフルエンザの特効薬は医師の判断で処方される場合もありますが、

できることなら飲みたくはないですね。

日頃からラクトフェリンを摂取していると、

風邪予防につながります。

ラクトフェリンには、抗菌・抗ウイルス作用があり、

新生児の敗血症の発症予防、ノロウイルス胃腸炎の発症予防、

胃ピロリ菌の抑制、風邪の発症予防、

歯周病・口臭の改善などさまざまな感染症から

体を守ってくれる働きがあるとされています。

さらにラクトフェリンのすごいところは、

一般の風邪とインフルエンザの両方に効くこと。

普通の風邪薬が効かないため、予防や悪化を防ぐために

市販薬を飲むという対処ができないインフルエンザの予防にも

効果的があるというのは見逃せない効果ですね。




○ラクトフェリンの摂り方


ラクトフェリン摂り方


冒頭にお話ししたとおり、ラクトフェリンは熱処理に弱く、

市販の乳製品から摂取することは難しい成分です。

サプリメントで補うのもいいのですが、

すでに妊活サプリを摂っている場合、

何種類もサプリメントを飲むのは大変ですね。

おすすめは、ラクトフェリン入りヨーグルトで摂取する方法です。

ヨーグルトには乳酸菌も含まれているため、

ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂取でき、

便秘予防には最適です。

ヨーグルトを摂るときは意識的にラクトフェリン入りを選ぶようにしてみてください。

体内がきれいであることや、

健康であることも妊娠しやすい体づくりには大切です。

妊活中の便秘や風邪予防など、

さまざま悩み対策に効果のあるラクトフェリンを摂取して、

妊活中も健康な体を維持したいですね。


妊活サプリでつわりが軽減できる?気になる妊活サプリの成分は?トップページ

FX業者