残留農薬の妊婦さんや胎児への影響は?

残留農薬の妊婦さんや胎児への影響は?


残留農薬妊婦胎児1


妊娠中は胎児のために、普段の食べ物にも気を使いたいですね。

体重コントロールや食事のバランスを考えるうえで

野菜をたくさん摂る妊婦さんは多いと思いますが、

一方で一般的にスーパーなどに売られている野菜には農薬や肥料、

出荷するまでの間に長持ちさせるための防腐剤などの

添加物が使われていることがほとんどです。

野菜の残留農薬や添加物は、妊婦さんや胎児へ

どのような影響があるのでしょうか。




○日本では農薬や添加物の使われる野菜が多い


残留農薬妊婦胎児2


日本は世界的に見ても農薬や添加物に対するガイドラインが甘く、

他国では禁止とされているものが日本では使われていたりします。

色味が奇麗でかたちのいい野菜を好む国民性も、

農薬や肥料の多用に影響しているようですね。

農薬や化学肥料は、少量では大人にはそんな大した

影響は無いといわれていますが、胎児はまた別です。

特に、母体で胎児の内臓や骨格などができる妊娠初期に

農薬や化学肥料の多い野菜を食べ過ぎると

お腹の中の赤ちゃんに重大な影響を与えてしまう可能性もあります。



○残留農薬が胎児におよぼす影響は?


残留農薬妊婦胎児3


妊娠中にインスタント食品やファストフードばかりの

食事をしていたり、外食が多かったりすると、

農薬や添加物の影響で胎児はアレルギー体質に

なってしまう可能性があります。

現在アレルギー体質の子供が昔とくらべて増えているのは、

日本の食生活が以前の和食中心の食事から

簡単で便利な西洋の食事に変わったからだともされているのです。

厚生労働省の調査では、ソバや小麦粉、卵などの

食物アレルギーの児童生徒数が10年前の2倍以上に増えているそうです。

これも妊娠中の母体の食事が胎児に影響している

可能性も多少あることが判っており、

農薬の可能性や添加物の多い食事を多く取っている家庭では

発症率が高くなっているそうです。

もしもアレルギー体質になってしまうと、

食べ物で湿疹が出たり、具合が悪くなってしまいます。

最悪の場合、アナフラキシーショックを起こして

死に至る可能性もあります。

家族や学校での給食で、みんなと同じものを

食べられないのはかわいそうなことですよね。

ほかにも、先天的な体の奇形の他、知能の障害、

発育不良や学習障害などの可能性が高まることも否定はできません。



残留農薬妊婦胎児4


農薬や添加物が多い食事を食べ過ぎてしまうと、

自分以上にお腹の赤ちゃんにまで影響してしまう可能性があります。

現代の食生活においてすべてを取り除くことは難しいかもしれませんが、

せめて妊娠中は意識的に無農薬や添加物の少ない野菜を選ぶようにするといいですね。


妊活サプリでつわりが軽減できる?気になる妊活サプリの成分は?トップページ

FX業者