サプリと食事から摂取したいDHA・EPAの必要性とは?

妊活中にサプリと食事から摂取したいDHA・EPAの必要性とは?


食事から摂取したいDHA・EPAの必要性


DHA、EPAは人間が生きていく上で

必要不可欠な必須脂肪酸・オメガ3系脂肪酸に分類されます。

オメガ3系脂肪酸には、

疾患の予防だけでなく、

卵子や精子の劣化を防ぐ効果もあることが分かっています。



妊活中から摂取したいDHA、EPAとは?



妊活中から摂取したいDHA、EPAとは?


DHA、EPAとは

DHA、EPAは青魚に多く含まれる成分で、

人間の体内では生成できない栄養素と言われています。

メタボリックシンドローム、

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などの循環器障害、糖尿病、

アレルギー性鼻炎などの予防に効果があるとされ、

健康食品やサプリメントとしても人気の高い成分です。

ドラッグストアなどに行くと、

DHA、EPAを含む製品が数多く売られています。

それだけ、EDH、EPAは健康志向の高い人々から支持を得ている成分と言えます。






DHA、EPAと妊活の関係とは?


DHA、EPAと妊活の関係とは?


卵子や精子は、年齢を重ねるごとに劣化していってしまいます。

劣化が進むと、不妊・流産・先天性疾患の発生リスクが上がることが知られています。

近年は、晩婚化や晩産化により、

高齢での妊活・出産にチャレンジする方も増えています。

DHA、EPAを積極的に摂ることで、

卵子や精子の劣化するスピードが緩和され、

不妊の改善や流産・先天性疾患の発生リスク

低減につながると考えられているのです。





DHA、EPAはホルモンの材料にもなる


DHA、EPAはホルモンの材料にもなる


DHA、EPAはホルモンの材料にもなります。

ホルモンが生成されるためには、

材料となる脂が必要です。

極端なダイエットや偏食が月経異常を引き起こすのは、

ホルモンの生成に必要な脂が不足してしまうためです。

DHA、EPAが分類されるオメガ3系脂肪酸は、

「体に良い脂」の代表格とも言えます。

DHA、EPAが材料となり、

十分な量のホルモンが生成されることで、

ホルモンバランスが整えられるとされています。

一方、同じ脂肪酸でも、

マーガリンやショートニング、ジャンクフードなどに

多く含まれるトランス脂肪酸は、「体に悪い脂」の代表格とされています。

トランス脂肪酸の過剰な摂取は、

肥満の原因になるだけでなく、

卵子や精子の質の低下、

ホルモンバランスの乱れを引き起こすリスクもあるため、

妊活や妊娠を希望する方はできるだけ控えた方が良いでしょう。



魚に多く含まれるDHA・EPAは妊活中こそ克服!


魚に多く含まれるDHA・EPAは妊活中こそ克服!

不妊体質を改善し、無事に妊活を成功させるためには、

健康的な体作りが何よりも大切です。

DHAやEPAは妊活や妊娠に良い効果をもたらすだけでなく、

健康的な体作りにも大いに役立ちます。

青魚を食べるなど、

毎日の食生活からこれらの成分を摂取するのはもちろんのこと、

不足分を補うためには、

サプリメントを活用するのもおすすめの方法です。


妊活サプリでつわりが軽減できる?気になる妊活サプリの成分は?トップページ

FX業者